IRと言う言葉について説明をします

IRとは、インベスター(投資家)リレーションズ(関係)の略です。市場では、企業が、投資家に向けて発信する活動を意味しています。財務状況、業績動向、経営状況などの情報を流すのであります。投資家向けの広報の役割を果たしています。企業にとって、自社の株価が公正な価値評価を受けることが重要なポイントとなってきています。かつてのように、できるだけ情報は流したくないでは、市場の関心は得られません。優良企業は、株価が情報を提供するほど高くなるということが経営者にもわかってきたのです。株価が、価値評価を得られることが企業にとっての最終目標です。特に最近増加の一途をたどる外国人投資家は、情報を適時発信しない企業に投資をしないのが原則になっています。情報発信こそ企業の存在価値を見極める材料になります。

IRが受け入れられるようになった背景とは?

戦後の日本は、間接金融を中心に資金調達を図りました。財務内容がよく、銀行融資を受けられることが重視されました。企業は、お互いに株式を持ち合うことでつながりを強化しました。企業にとって株主は、株主総会で状況報告さえしておけば問題ないと軽視する傾向もありました。しかしながら、直接金融が主流になることによって資金調達のやりかたが大きく変化しました。最近は、持ち合い関係を解消して、広く投資家から資金を集めることが市場原理にかなっていることがわかるようになりました。市場の評価を得ることによって、時価総額が高まることが企業にとっていかに大切かを理解することができるようになりました。情報公開は、投資家を増やすと同時に円滑な資金調達を可能にして財務体質を変えることがわかったのです。

企業価値を高めるには情報発信は不可欠です

企業の価値を創造するためには、企業のありのままの姿を投資家に知らせることが重要になります。一方通行に終始した情報の流れを双方向に変えていく必要があります。IRの活動は、マーケティングの一種です。法律にもとづいておこなうコンプライアンスを基盤とした活動である必要があります。経営者の戦略的な経営責務だと考えればいいでしょう。株主と良好な関係を築くことが重要です。企業のイメージを高めることに繋がります。そのためには、なんのために投資家や株主、アナリストに財務諸表や業績を示す開示してきているのかを理解する必要があります。トップの経営メッセージや中期的な経営計画を発表したりすることが、企業にとってどのような目的で行われ、どのような効果を期待しているのかを端的にとらえたうえで情報発信の活動をすることが企業価値を高めていくことになります。

メリットはデータを用意しなくても簡単に名刺を作成できることで、あらかじめ用意されたデザインを選ぶだけで依頼することが出来ます。 従来よりもサービス対象エリアの拡充を強化し、より多くのエリアにてお客様のご満足を全力でご提供いたします。 長年のノウハウを基に、革新的な証券代行業務を行い、お客様からの高い信頼と満足を得られた事が実績です。 話題のIRコンサルティングはIR Japanへ